So-net無料ブログ作成

リーディングを強化 [英検準1級]

パビーです。

英検準1級の勉強,順調に進んでます[わーい(嬉しい顔)]

試験の傾向を調べ、自分の弱い所を強化する対策を取っています。

☆語彙不足
☆読解力不足

この2点に力を置くことにしました。
試験では、25問も語彙の選択が出るのです。しかも、知らない単語ばかり[もうやだ~(悲しい顔)]
問題文の意味は分かるのですが、そこに入れる単語が分からない!
こういう意味のが入るんだなと推測できても、選択肢の中の単語は知らない単語ばかり!

語彙を増やさなければ,試験突破はムリ[ふらふら]

苦手な長文の問題もある、知らない単語が多ければ意味が取れない。
しかも、ゆっくりと読んでいる暇等はないのです。

これらの問題を解決するのは、『リーディング』です。
本、英字新聞を読んで語彙を増やすのが一番なのです。

主人にも言われました。「本を読むのが一番!」

幸いにも、主人が大学から読み古しの英字新聞を持って来てくれました。
それを活用することに決めました。

最初から最後まで読むのは勿論ムリ、短くて比較的読めそうなトピックを選んで
切り抜きノートに貼付けました。できるだけ色々なトピックを選ぶようにしています。
1日2〜3ぐらい読みます。

①まず、読んでみます。分からない単語は線を引いて。
②分からない単語を辞書で調べて、余白に書きます。
③もう一度読んで、内容を掴みます。
④最後に音読します。

こんな流れでやっています。

大切な事は、
①英語の語順通りに理解する(読んで同時に理解する)
②あまりにも難しい、知らない単語が多い記事は選ばない

語彙も増えるし、読解力もつきます。そうすると相互作用で、リスニングも向上します。
単語は文脈で理解して、色々な場面(記事)で身につけるのが一番です。

単語帳やら、カードを作る方法は、私には合わないのです[わーい(嬉しい顔)]
人によりやり方って違いますよね!昔はそういうのを作りました。
でも、続かない、数ページで終わり、作っただけで覚えたわけではないのです。
その暇があったら、英文でも読んで記憶に焼き付けた方がイイと思ったのです。

英文を読んでみて、いかに見覚えある単語でも身についてないかがよく分かりました[ふらふら]
前に何度かお目にかかった単語だけど、「何て言う意味だっけ?」

つまり、一回目の出会いで一応辞書で調べてはみるものの、そのままなんです。
その場限りでサヨウナラなんです。
記憶が新しい内に(頭の中にお会いした記憶が残っている)
何回か再会しないとダメなんです。

英字新聞の良い所は、同じような言い回しが何回かでてくる点です。
政治、経済、事件など、よく使われる単語があります。内容が変わっても、
使われる用語は同じです。だから何回も同じ単語に遭遇できるチャンスがあります。

いかに知らない単語、忘れている単語が多いか、今さらながら驚きです[ふらふら]


昔、アルクの『ヒアリングマラソン』に挑戦したことがあるのですが、
情けない話ですが、続きませんでした。[もうやだ~(悲しい顔)]

アルクから出ている教材は、なかな良いと思います。
ボキャブラリー用の教材もあり、耳から入ってくるのでヒアリング力もつき
多方面から勉強できるのが優れてるなと思います。



アルクの教材⇨「ヒアリングマラソン」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。