So-net無料ブログ作成

英語のLとRの違いって? [英語の発音]

バ−ピーです[るんるん]

英語の『L』と『R』これは永遠の問題だなあ〜(ちょっと大げさ?)

だって、同じに聞こえるんです(最初は)、LもRも。

私も苦労しましたよ[もうやだ~(悲しい顔)]

舌の位置が問題なんですよね。

L⇨舌が上の歯茎の上辺りにつきますよね。日本語のラ行を試してみて。
  しっかりと付いてます。
R⇨舌はどこにも触れてないんです。中に浮いたまま。
  日本語にはない音だから難しいのです。

Rは巻き舌とも言われるんですが、ラテン系(イタリア語、フランス語)は
すごいですよ。でも英語はちょっと違いますね。

舌先を丸めて喉の奥に持って行く感じです。
発音する前に『ウ〜』っといううなり声みたいなのが
聞こえるとも言われます。

まずは、しっかりと舌の位置を確認して練習すると良いですよ。

聞こえない音は再生できないってことは、
発音できない音は聞こえないってことですよね!

口で説明したり、理屈を述べてみても、実際に自分でやってみないとダメ。
感覚を掴んでしまえば大丈夫!

練習、練習、舌が痛くなるまで練習あるのみ[わーい(嬉しい顔)]


それと平行して、『リスニングパワー』を聞くと効果が倍増しますよ!⇨
【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。