So-net無料ブログ作成
日本の英語教育 ブログトップ

私が学校で習った英語は? [日本の英語教育]

バーピーです!

「学校で6年間も英語を勉強してるのに、 日本人はなぜ英語がしゃべれないの?」
日本の英語教育の実態を知らない外国人は、不思議がるんですよね!

質問される度に、「それは、日本の英語教育が・・・・・・・」と
説明するのもメンドウです。


私が、学校で学んだ英語を振り返ってみます。
すご〜い前なので今とは違うのでは?

【中学校】
忘れもしませんよ!I have a book./You have a book./・・・・
人称変化で動詞も変化していく基礎の文法から学びました。

最初のレッスンは、こんな感じで、それ以降のはストーリー形式でした。

学び方は、レッスン毎に、新しい単語を覚え、 文法を理解して、英文を和訳する。

【高校】
①リーダー
②文法
③英作文
この3つに教科書が別れてました。中学では、リーダーだけでしたね。

高校になると、リーダーの内容も中学よりは難しくなっています。
文章は長いし、覚えなくてはならない単語も多くなってました。

学び方は,中学と変わらないです。


単語を覚えて、英文を読んで、和訳、和文を英訳ともっぱら読み書き中心です。

リスニングとスピーキングの練習なんてなたっか[がく~(落胆した顔)]

リスニング→先生が英文を読むのを聞く
スピーキング→?

これじゃあ、正しい発音も分からないし、 リスニングもスピーキングも皆無に等しいです。

これで、「英語しゃべれ!」は無理ですよ!

あいさつ程度の英語会話さえ身ににつきません。


これが私が6年を費やして学んだ英語の実態です。

残念ながら、今もあんまり変わってないようですね。
そもそも英語を学ぶ目的が、試験に受かるため(ペーパー)
ですから、仕方ないのかもしれませんが.....

これが、試験の形式が変わって、リスにニングとスピーキングも
加わるとなったら違ってくるでしょうね。

そんな事は、まあないでしょうね[わーい(嬉しい顔)]

まず試験をする先生方が英語を喋れなくては実現は不可能です。

英会話は、学校の勉強では期待できないってことです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
日本の英語教育 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。