So-net無料ブログ作成
中学英語 ブログトップ

英語の基礎回路を作る [中学英語]

バーピーです!

英語の基礎回路って何?

家で例えるなら、土台の部分つまり基礎です。
この部分に手抜きがあると家が傾いたり、
下手をすると倒壊の危険性もあります。

じゃあ,英語の基礎をしっかりと勉強すれば
良いんだとなるわけです[わーい(嬉しい顔)]

それが、『中学英語』です。

中学3年間で学んだ英語が、しっかりと身についていれば、
後は,その上に単語や熟語などを積み重ねていくだけです。

知識をインプットしたら、必ずアウトプットして、
基礎をしっかりと固めていきましょう。


中学校の教科書を何度も何度も音読して、
すらすら言えるようにするのがお勧めなのですが、
うん10年も前となると、教科書はどこやら?
あったとしても紙がきばんだ古い、内容も面白くないのでは、
やる気が損ねますよね?

私もやってはみたのですが、
『This is a pen. That is a pen.』でいやになってしまいました。face03

やはり、CDもあった方がいいので、市販の本をお勧めします。

以下の3冊は、本当に『基礎』を作るには良い本です。


英会話・ぜったい・音読 続入門編

英会話・ぜったい・音読 続入門編



英会話・ぜったい・音読 続標準編

英会話・ぜったい・音読 続標準編




英会話・ぜったい・音読 続挑戦編

英会話・ぜったい・音読 続挑戦編


自分のレベルに合わせてスタートできます。

私は、基礎編からやりましたが、「ちょっと、やさしいかな?」とも
思いましたが、それくらいがいいのかもしれません。

ストーリーになっているので、何度も何度も繰り返していると
自然に覚えてしまいます。あくまでも、暗記が目的ではなく、
体全体で覚えるとうことです。

この本が、勧めているのが、『音読』です。

☆オーバーラッピング(声にかぶせて、同時に発音する。)

☆シャドーイング(少し遅れて発音する)

これらもやりながら、自分でテキストを見ながら、音読する。
そして、手も使うのです。ノートに書き取る作業もあります。

詳しい勉強方法が書かれているので、それにそって勉強を進めていけば
基礎力が養われると思います。

語学は、頭で勉強するのではなく、運動と同じなんだなと
本当に実感しますよ!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
中学英語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。