So-net無料ブログ作成
リスニングパワー ブログトップ

リスニングパワーの評判 [リスニングパワー]

バーピーです!

リスニングパワーを久々に聞いてみました。
前よりも聞き取れてるんじゃないかぁ〜[耳]

宇宙空間的サウンド?
聴力検査?

心地良いサウンドではないけど、慣れました[わーい(嬉しい顔)]

リスニングパワーのレビューを見ると、
◎音が耳障りで気持ち悪くなる
◎テキストがうすっぺらで説明不足
◎聞き取りやすくはなったけど、知っている単語しか意味が分からない

こういう意見がありました。

音に関しては、敏感な人や繊細な人には受け付けないのかもねぇ〜

テキストは、確かにペラペラでパンフレットという感じです。
音声にある英語がすべて網羅されているわけではないし、
日本語訳もすべてカバーされてないです。

『知っている単語は聞き取れるが、知らない単語は意味が分からない』
これって、当たり前でしょう!!

知らない単語は、音が聞き取れても意味はわからないはずです。
もちろん、文の中でなら推測できるけど.....


期待値が大きい人、リスニングパワーにすべてを求める人は、
『騙された!』『期待はずれ』となるんです[ちっ(怒った顔)]


完璧な教材はない
すべての人が満足する教材はない


私は、高周波に着目してるのが
ユニークだなと思って買ってみました。

英語の高周波数とマッチしたサウンドを組み込んで英語を
聞き取りやすくしてるという点は、他の教材にはない特徴です。

目的は、英語の音が聞き取れる音域を広げることなので、
個人的には役に立ちましたよ[わーい(嬉しい顔)]

それ以上は期待してないので!


あれもこれもと盛り込んである教材は、
ボリュームがあり過ぎて私には合いません。


リスニングパワーは、あくまでもリスニングの基礎
身につける教材です。これでリスニングが完璧にはなりません。



楽天のリビューをまとめて検証したサイトが参考になりますよ→リスニングパワーの口コミ、体験談
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

listening power 英語の音が聞き分けられる! [リスニングパワー]

バーピーです。

『listening power 』聞いてますよ[耳]

周波数に着目した教材で、『マジックリスニング』というのが昔話題になったのですが、
私も、好奇心から試してみました。[わーい(嬉しい顔)]

値段が、50,000円と高いので躊躇していたのですが、.....
値段の価値が私にはありませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]

高周波の音に慣れるという目的は、listening power も同じです。
でも、マジックリスニングは、クラシック音楽や水の流れる音が流れる中
英会話が聞こえてくるのですが、ただそれだけで、音の違いを勉強する
教材ではないです。

毎日1時間近く聞いて、12間続けるというプログラムなのですが、
正直、長い時間集中して聞く事ができませんでした。最後の方では、
水のながれる音(せせらぎ?)に気持ちよくなり、ついウトウト[眠い(睡眠)]


これでは効果がないですよね[わーい(嬉しい顔)]


12間聞いたらまた何度でも繰り返して訓練するというのではないので、
(しばらく時間をあけないとダメ)そのままに......


リスニングパワーは、いくつものパートに別れていて、それぞれが長い時間ではないので、集中力が保てます。
人間の集中できる持続時間って、20〜30ぐらいと言われているので、理にかなっています。


◎高周波数に慣れる
英語の個々の正しい音、それぞれの音の違い

高周波数に慣れたとしても、正しい英語の音が分かってないと英語のリス二ングは
完璧とは言えないです。だから『listening power 』は、
英語なんとなく聞きとれるんだけど、個々の音の違いまではと言う人に
向いていると思います。

私も、主人以外の人の英語の発音がちょっと分かりにくという時があるので[ふらふら]


listening powerって、どんな感じ?と思っている人は、こちらのページを
参考にしてみて下さい!⇨リスニングパワーの口コミ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

リスニングパワー(Listening Power)私も持っています! [リスニングパワー]

バピーです。

リスニングパワー(Listening Power)届きました[るんるん]

私とリスニングパワー.jpg


教科書一冊とCD2枚のシンプルなセットでした。まだ聞いてないのですが、
これから毎日聞いて、2週間後の結果を楽しみにしているのです[わーい(嬉しい顔)]

リスニングパワー(Listening Power)は、あくまでもリスニング(リアリング)を
強化する為の教材なので、これだけで英会話ができるというのではないです。

英語を聞き取れる『英語耳』になったら、洋画やテレビを字幕なしで見る、
ネイティブと会話を楽しむとこを可能にしてくれる強力な武器と言えるでしょうか?

リスニングは、英語上達への大きなステップですから、ここを乗り越えれば、
聞こえる音を再生する(話す)訓練を積めばいいのです。


〜〜リスニング向上のポイント〜〜(教材に書いてありました!)
①相手の口の動きを見る
『相手の目を見て喋れ』って言いますが、聞き手は、話し手の口の動きを見るんですね!
私も、主人の口の動きとか、舌の動きを観察することがあります。[るんるん]

②ジェスチャーを使う
欧米の人って、体を使って話しますよね!
言葉がつたなくても表情とかで相手に気持ちが伝わる時がありあます。

③話をちゃんと聞く
他のことをしたりしないで、真剣に聞くことは大事です。
私も、よく主人に怒られます。[ちっ(怒った顔)]

④質問をする
分からない事があったら、質問するのが当たり前、主人はよく質問します。
文句言ってんじゃあないかと思うことがありますが、疑問に感じたら、
分からない事があったら、そのままにはしておかないのです。
これは、見習いたいです[るんるん]

⑤自分の言葉で繰り返す
これも大事ですよね!「◯◯は、△△ってことですよね?」みたいに
相手の言っている事を確認するのは、良い事です。
時々、「今、おれ何て言った?」と意地悪く質問されるのです[がく~(落胆した顔)]


リスニングって、聞くだけでなく、読み取ることも大事なんですね[るんるん]


『Listening Power』の公式サイトはこちらです!☞ 英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

Listening Power リスニングができれば、ヒアリングができる! [リスニングパワー]

バーピーです。

リスニングは、注意して耳を傾けて聞くという感じですが、
ヒアリングは、どちかと言うと、音が自然に入ってくるニュアンスで使います。

英語を学習する時は、『リスニング』で、意識して英語の音を聞き取る練習をします。 トレーニングを繰り返していくと英語耳になり、『ヒアリング』の状態で、英語の音が 耳に飛び込んできます。

喫茶店で、自分の前に座っている人が喋っているのを、聞こうとしなくても
聞こえてきちゃうことってありますよね?


英語の音が聞き取れない状態だと、リスニングでも雑音のようにしか
聞こえないことがあります。それを何回も何回も繰り返してリスニングしても、
基本の英語の音を理解していないと、ムダな努力になってしまいます[ふらふら]

私も、昔は英語を何度も繰り返して聞けばリスニングの力がつくだろうと、
難しいテープを聞いたことがあります。確かに、少しは聞き取れるようには
なるのですが、中には全然聞き取れない音もあります。知らない単語が
多かったということもあるのですが、効率のいい勉強法ではなかったなと
思います。

『Listening Power 』なる教材がその時にあったら、リスニングに
苦労しないですんだのにと思うのです[もうやだ~(悲しい顔)]


高周波の音
子音の連なり
英語特有の音
消える音(単語と単語が繋がって、音が消える)

これらの事を理解して勉強するのと、ただ闇雲にリスニングをするのとでは
雲泥の違いです[るんるん]

英語を何回も聞いても分からない、聞き取れないと悩んでいる人は、 耳が悪いのではなく、英語耳になっていないだけです。


『Listening Power』の秘密を確かめてみてください!☞ 英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

道端カレさんお勧めの英語教材『リスニングパワー』 [リスニングパワー]

バーピーです。

”ハーフの人=英語が喋れる”というイメージがあるんですけど、必ずしも親がアメリカ人や
イギリス人というわけではないんですよね。

モデルの道端姉妹は、お父さんがアルゼンチン人、スペイン語圏ですね。
ジェシカさんは、英語を独学で勉強したそうです。

お姉さんのカレンさんは、『リスニングパワー』を紹介する番組に出演して
その効果を絶賛しているようですが.....

使った人が,英語で『リスニングパワー』の魅力を語っています。
皆さん、発音がキレイで、ハッキリとして聞き取りやすいです。

『リスニングパワー』の公式サイトでは、実際のDVDの音声を聞くことができます。
『L』と『R』の違い、文字の最初に来る場合と中に来る場合を聞いてみると、
はっきりと違いが分かるようになっています。

何回も繰り返して聞くと、音の微妙な違いが掴めてきます。

このスコット先生が開発したメソッドを使って練習すれば、
英語の音に慣れて、今まで聞き取れなかった音が聞こえる『英語耳』になれるのです!


聞き取れる音は再生できる(発音できる)

このメソッドでは、

英語の音を聞く[耳]→英語の音の違いが分かる→英語の音が聞き取れる[耳]
英語の正確な発音ができる→英語ができるようになる

こういうステップになっています!


言語は、音から入るのが基本です。
音が聞き取れれば発音でき、発音できれば聞き取れるのです。そうすれば、英語で考える
英語脳へと近づいていきます。




『リスニングパワー』の公式ページで、実際のレッスンを聞いてみてください!☞ 英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」
リスニングパワー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。