So-net無料ブログ作成
英会話のコツ ブログトップ

喋ったモン勝ち! [英会話のコツ]

お早うございます、バーピーです!

英語を話そうとする時、頭の中で、
「文法、語彙、発音は、これでいいかな?」と確認していませんか?

私も、最初は、そうでした。

◎ちゃんとした英語を話したい
◎間違ったら恥ずかしい

というプライドみたいなのがあって、きちんと文ができてからじゃないと
口から出てこなかったのです。

「これで、よっしゃ!」と自信を持って、喋ったら....

「はあ???」

通じないではありませんか[がく~(落胆した顔)]

文法には自信があったのに....

文法的には、正しくても、英語の表現としては自然ではないというのが
相手に通じない原因です。

日本語をそのまま英語に置き換えると(直訳)、
和風英語になってしまうのです。

雨が降る。を英語では、→It rains.

雨を主語にはしませんね。(例えが簡単すぎましたね!)

会話は、ある程度のスピードが必要です。頭の中で、日本語→英語に変換していては、スピーディに会話がはずみません。

英語は英語で考えるのが理想ですけど、
最初は,同時出発(ごちゃ混ぜ)でもいいと思います。
喋りながら、考えるみたいに....

単語しか出てこなくても、完全な文章でなくても、間違っていても
気にしないで、口から英語を発することがキモです。


イギリスの語学学校に通っていた時のクラスメートは、日本人以外は
ヨーローッパ系、アラブ系が大半でした。彼らは、ものすごく喋るんです。
訛も間違いも全然気にしてないようです。

はっきり言って、メチャメチャですよ!文法、発音なんかヒドイです。
彼らは、英語に関しては、断然有利です。母語と似ているのですから。
文の構造、単語など...

それでも完璧な英語は喋っていません。(喋れていない)

喋って、喋って、喋り尽くさないと上達しないのですね[わーい(嬉しい顔)]

スピーキングとリスニングは彼らには、敵わないです[もうやだ~(悲しい顔)]


英語を話す時は、間違って当たり前くらいの根性というか
開き直りが必要です。

間違えることで勉強になるんです。
話さない限りは、間違えることはないけど、
英語の上達は望めないということです。


タグ:英語 英会話
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
英会話のコツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。